造作買取請求権 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

造作買取請求権



造作買取請求権とは

造作買取請求権の定義・意味・意義

造作買取請求権とは、造作の買い取りを請求できる権利をいいます。

借地借第33条は、借人に、この造作買取請求権を認めています。

建物の賃貸人の同意を得て建物に付加した畳、建具その他の造作がある場合には、建物の賃借人は、建物賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了するときに、建物の賃貸人に対し、その造作価で買い取るべきことを請求することができる。

 

造作買取請求権の趣旨・目的・役割・機能

善良な借人の保護

民法では、原則として、借契約が終了したときには借人は自分が取り付けた造作を収去しなければならないとされています(民法第618条、598条)。

したがって、たとえば、民法のルールによると、借人が自費でエアコンを設置した場合には、引越しをする際にはこれを収去しなければならなくなります。

しかし、これは善良な借人には酷です。

そこで、借地借法は、善良な借人を保護するため、民法の特別法(例外)として、借人が設置したエアコンの買取請求権を認めています。

 



| 現在のカテゴリ:造作買取請求 |

現在のカテゴリ:造作買取請求

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「造作買取請求」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 造作
  2. 造作買取請求権
  3. 造作買取請求権―要件と効果
  4. 造作買取請求権―造作買取請求書の内容証明郵便の書式・文例・テンプレート



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:造作買取請求 の位置づけ

現在のカテゴリ:「造作買取請求」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー