会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法


会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法

給料未払いのまま、突然、会社が倒産してしまう場合もある。

この場合には、次の未払い給料等が財団債権優先的破産債権として弁済を受けることができる。

  1. 財団債権
    1. 破産手続き開始の3カ月間の未払い給料
    2. 退職3カ月間の給料の総額に相当する退職金
  2. 優先的破産債権
    1. 上記以外の未払い給料・退職手当金・解雇予告手当など

しかし、現実には、この財団債権等さえ弁済を受けることができない場合も多くある。

そこで、こうした場合に備え、労働者健康福祉機構の「未払賃金立替払制度」という制度がある。

同制度を利用することにより、一定の救済を受けることができる。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「給料未払い・賃金未払い(未払い給料・未払い賃金)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法
  2. 会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法①財団債権
  3. 会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法①優先的破産債権
  4. 会社が倒産した場合の未払い給料(未払い賃金)の対処法②未払賃金立替払制度
  5. 給料未払い・賃金未払い(未払い賃金)の請求書の内容証明の書き方・書式 テンプレート01



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「給料未払い・賃金未払い(未払い給料・未払い賃金)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー