[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など: 解雇

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。



解雇

「解雇」カテゴリのコンテンツ

解雇」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 18 ページあります。

  1. 解雇

    解雇とは 解雇の定義 解雇とは、使用者の一方的意思表示による労働契約の解除ということができます。 したがって、使用者と労...
  2. 解雇―要件

    解雇の要件 解雇は使用者側から労働者(従業員)への一方的な意思表示で行われるので、法律上、使用者の解雇権の濫用を防止するため、厳しい制限・制約が加えられています。 1.就業規則に定めてある解雇の事由(...
  3. 解雇―要件―解雇予告制度―解雇予告

    解雇予告とは、労働基準法第20条1項の規定により、使用者が労働者を解雇しようとする場合に、少なくとも30日前にはしなければならないものとされている解雇の予告をいう。なお、使用者は、解雇予告をせずに労働者を解雇する場合は、代わりに平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を労働者に支払わなければならない。解雇予告は解雇予告手当とともに、社会的弱者である労働者を保護することを目的とする。
  4. 解雇―要件―解雇予告制度―解雇予告手当

    解雇予告手当とは 解雇予告手当の定義・意味・意義 解雇予告手当(かいこよこくてあて)とは、使用者が労働基準法第20条1項の規定による解雇予告をせずに労働者を解雇する場合に、同条項により使用者が労働者に...
  5. 解雇―要件―解雇予告制度―例外―解雇予告除外認定

    解雇予告除外認定とは 解雇予告除外認定制度の内容・概要 原則として、社員を解雇するには、労働基準法上、解雇の手続きとして、1か月前に解雇を予告するか、1 か月分の解雇予告手当てを支払うことが必要です。...
  6. 解雇―要件―解雇予告制度―例外―解雇予告除外認定申請の手続き・手順・方法・仕方

    解雇予告除外認定申請申請の手続 概要・全体像など 解雇予告も解雇予告手当ての支払いも必要もない即時解雇(即日解雇)をするには、労働基準監督署長の認定が必要となります。 解雇予告除外認定とは ここでは...
  7. 解雇―要件―解雇予告制度―例外―解雇予告除外認定の要件・条件

    解雇予告除外認定の要件・条件 行政通達 解雇予告も解雇予告手当ての支払いもせずに即時解雇(即日解雇)するには、労働基準監督署長の認定が必要です。 解雇予告除外認定とは この認定の基準については、行政通...
  8. 解雇―要件―解雇予告制度―解雇理由証明書

    解雇理由証明書とは、労働基準法により、解雇予告された労働者が、解雇予告された日から退職日までの間に使用者(会社など)に対して請求できるものとされている、当該解雇の理由に関する証明書をいう。どのような理由によって解雇するのかについて書面で証明することにより、解雇理由に関するトラブルを防止することを目的とする。なお、退職日以降は、労働者は解雇理由証明書を請求できず、かわりに退職証明書を請求することになる。
  9. 解雇―分類―懲戒解雇

    (複製)懲戒解雇とは、会社の金を横領した、会社の機密情報を流出したなどの就業規則に違反する重大な行為を理由に、使用者が労働者を解雇する懲戒処分をいう。一般的には、①横領などの犯罪行為②故意または重大な過失により会社に重大な損害を与える行為(業務妨害)③重大な経歴詐称④正当な理由のない無断欠勤(出勤の督促にも応じない)などが懲戒解雇事由とされている。
  10. 解雇―分類―整理解雇

    整理解雇とは整理解雇の定義・意味・意義 整理解雇とは、人員整理(人員削減)を目的として行われる解雇をいいます。いわゆるリストラです。 整理解雇の要件と効果 整理解雇の4要件(特別要件) 整理解雇であ...
  11. 解雇―分類―整理解雇―4要件

    整理解雇の4要件 整理解雇であっても、解雇1ヶ月前の通知など解雇の一般的な要件を満たしている必要があります。 解雇―解雇に関する法律知識2―解雇の要件   しかも、整理解雇は労働者側に責任がない解雇で...
  12. 解雇―分類―整理解雇―対応方法・対処法・手段

    整理解雇にはどう対処したらいいの 整理解雇とは、人員整理として行われる解雇で、いわゆるリストラのことですが、判例は、整理解雇が有効となるには、以下の四要件が必要としています。 人員削減の必要...
  13. 解雇―不当解雇

    不当解雇とは 不当解雇とは、使用者が就業規則や法律の規定(解雇の要件)に違反して、勝手に社員を即時解雇することをいいます。 ...
  14. 解雇―テンプレート―解雇予告通知書(普通解雇)01

    解雇予告通知書(普通解雇)のテンプレートを掲載している。この例文では、解雇は不当解雇として問題となる場合があるので、別記で解雇の理由を、具体的に、就業規則のどの条項に違反しているのかを明確に記載するスタイルにしている。
  15. 解雇―テンプレート―解雇予告通知書(整理解雇)01

    解雇予告通知書(整理解雇)のテンプレートを掲載している。整理解雇にあっても解雇予告通知は必要である。ただし、整理解雇は通常の解雇と異なり、労働者側に責任があるわけではないので、人員削減の必要性など4つの要件を満たしていることが必要になるので、整理解雇を行う場合の解雇予告通知書にはこうした事項も簡潔に記載する。
  16. 解雇―テンプレート―懲戒解雇通知書01

    懲戒解雇通知書のテンプレートを掲載している。懲戒解雇をするには、就業規則に定められている懲戒解雇事由に該当していることが必要なので、懲戒解雇事由に該当する行為、懲戒解雇の根拠となる就業規則の条項を明確に記載する。
  17. 解雇―テンプレート―不当解雇として解雇の無効を主張する内容証明書(内容証明郵便)01

    不当解雇として解雇の無効を主張する内容証明郵便のテンプレートを掲載している。内容証明書では、解雇に至った事実関係、つまり、解雇の理由・事由と、その理由では不当解雇に該当すること、したがって、当該解雇は無効であること、解雇の撤回を求める旨などを簡潔に盛り込む。
  18. 解雇―テンプレート―解雇予告手当ての支払いを請求する内容証明書(内容証明郵便)01

    解雇予告手当ての支払いを請求する内容証明郵便のテンプレートを掲載している。解雇予告手当ての支払いを請求する内容証明書には、解雇に至った事実関係、解雇予告手当ての支払い義務の条文上の根拠(労働基準法20条)、手当の支払いを求める旨などを簡潔に盛り込む。



関連コンテンツ



「解雇」の位置づけ

現在のカテゴリ:「解雇」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー