賃金 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


賃金


賃金とは

賃金の定義・意味など

賃金(ちんぎん)とは、一般に、労働者が労働力の対価として受け取る報酬をいう。

三省堂『スーパー大辞林』

給料」(民法)、「給与」(所得税法)、「報酬」(健康保険法・厚生年金保険法)などとも呼ばれるが、労働基準法では「賃金」という用語が使用されている。

労働基準法
第十一条  この法律で賃金とは、賃金、給料手当賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

賃金に関する規制

最低賃金

労働基準法ではなく最低賃金法が最低賃金について定めている。

賃金支払いの5原則

労働基準法が賃金支払いの5原則を定めている。



| 現在のカテゴリ:労働基準法―賃金 |

現在のカテゴリ:労働基準法―賃金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「労働基準法―賃金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 賃金
  2. 賃金―平均賃金
  3. 賃金―最低賃金
  4. 賃金―賃金支払の5原則
  5. 賃金―賃金支払の5原則―①通貨払の原則
  6. 賃金―賃金支払の5原則―①通貨払の原則―例外(給料の銀行振込・口座振込)
  7. 賃金―賃金支払の5原則―①通貨払の原則―例外(給料の銀行振込・口座振込)―条件
  8. 賃金―賃金支払の5原則―①通貨払の原則―例外(給料の銀行振込・口座振込)―条件―労使協定―賃金の口座振込に関する協定書
  9. 賃金―賃金支払の5原則―③全額払の原則
  10. 賃金―賃金支払の5原則―③全額払の原則―例外―労使協定―賃金控除に関する協定書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:労働基準法―賃金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「労働基準法―賃金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー