手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結語 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結語


結語とは

結語の定義・意味など

結語(けつご)とは、文書の結びの言葉をいう。

結語の目的・役割・意義・機能・作用など

挨拶

結語は、口頭での「さようなら」「それではまた」に相当する、文書での挨拶の言葉である。

結語と関係する概念

反対概念・対概念
頭語

結語は頭語と一対にして使用され、この頭語で書き出したら必ずこの結語で結ぶという決まりがある。

結語の適用範囲

季節の挨拶状

暑中見舞い寒中見舞いなどの季節の挨拶状には頭語・結語は不要である。

結語の具体例

頭語と結語には以下のとおりさまざまな慣用語がある。

なかでももっとも一般的な組み合わせが「拝啓」と「敬具」の組み合わせである。

目上の人に用いてもよいとされており、使用可能な範囲はかなり広い。

耳慣れない語を使用するより、「拝啓」「敬具」を使用したほうが賢明である。

参考:『すぐ役立つ文書・書式大事典』 法研、2010年、39項。

また、時候の挨拶以下文を省略する場合は「略」と「草々」の組み合わせを使用し、これもよく用いられる。

なお、「かしこ」は女性だけが使える結語で、「謹み、敬う」という意味である。

すべての頭語に対して使用でき万能なので、便利である。

クロワッサン 『ちゃんとした手紙はがきが書ける本』 マガジンハウス、2015年、14頁。

頭語結語
一般 拝啓・拝呈・啓上・拝信・啓白 敬具・拝具・敬白
(口語・女性) 一筆申し上げます。
手紙差し上げます。
かしこ・さようなら・ごめんくださいませ・ごきげんよう
(親しい人) こんにちは。
お元気ですか。
さようなら・ではまた
丁寧 謹啓・謹呈・恭敬・粛啓 謹言・謹白・頓首・敬白
(口語・女性) 謹んで申し上げます。
謹んで一筆差し上げます。
かしこ・あなかしこ
急用 急啓・急呈・急白・急迫 草々・早々・不一
(口語・女性) とり急ぎ申し上げます。
走り書きをお許しください。
かしこ・さようなら・あらあらかしこ
省略 略・略啓・冠省・冠略 草々・早々・不一・不備・不尽
(口語・女性) 文お許しください。
略ごめんください(ませ)。
かしこ・さようなら
返信 拝復・復啓・啓復 敬具・拝具・敬白・敬答・拝答・草々・早々・不一
(口語・女性) 手紙拝見しました。
手紙ありがとうございました。
かしこ・さようなら
再信 再啓・再呈・追啓・対啓 敬具・拝具・敬白・謹言・草々・早々・不一
(口語・女性) 重ねて申し上げます。
たびたび失礼ながらお便り差し上げます。
かしこ・さようなら
初信 拝啓・謹啓 敬具・拝具・敬白
(口語・女性) 初めてお便り(お手紙)差し上げます。
突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください。
かしこ



| 現在のカテゴリ:手紙 |

現在のカテゴリ:手紙

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手紙」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手紙
  2. 手紙―構成―封筒
  3. 手紙―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表
  4. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―表面(封筒の宛名の書き方)
  5. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―裏面
  6. 手紙―構成―封筒―書き方―洋封筒の場合(横書き)―表面・裏面
  7. 手紙―構成―便箋
  8. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)
  9. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―頭語
  10. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―時候の挨拶
  11. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―相手と自分の安否の言葉
  12. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―日頃の厚情へのお礼の言葉
  13. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―今後の厚情を願う言葉
  14. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―健康・繁栄等を祈る言葉
  15. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結びの言葉
  16. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結語
  17. 返信用封筒の書き方・折り方(入れ方)(返信用封筒のマナー)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手紙 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手紙」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー