手紙―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


手紙―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表


(" 第一種郵便物―具体例―封書―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表 "から複製)

封筒の規格

封筒の規格の一覧表・早見表

封筒の大きさには規格があり、規格により、封筒に入る用紙サイズも決まる。

たとえば、一般には、見積書・納品書・請求書や、契約書などのビジネス文書・書類は、A4サイズで作成されることが多いので、封筒も角2号(A4サイズが折らないでそのまま入る規格)や長3号(A4サイズが3つ折りで入る規格)が使われる場合が多い。

また、封書を郵送する場合には、封筒の大きさと郵便物の重さによって郵送料金が設定されている。

以下封筒の規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表として参考まで。

封筒の規格サイズ
種類規格サイズ(mm)定形定形外主な用途
長形 長形2号 119×277 定形外
長形3号 120×235 定形 A4用紙が横3つ折で入る。
長形4号 90×205 B5用紙が横4つ折で入る。
長形40号 92×235 A4用紙が横4つ折で入る。
角形 角形0号 287×382 定形外
角形1号 270×382 B4用紙がそのまま入る。
角形2号 240×332 A4用紙がそのまま入る。
角形3号 216×277 B5用紙がそのまま入る。
角形4号 197×267
角形5号 190×240 書籍雑誌用など。
角形6号 162×229 A5用紙がそのまま入る。
角形7号 142×205 B6用紙がそのまま入る。
B4用紙が横4つ折で入る。
角形8号 119×197 定形 ダイレクトメールや給料袋など。




| 現在のカテゴリ:手紙 |

現在のカテゴリ:手紙

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手紙」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手紙
  2. 手紙―構成―封筒
  3. 手紙―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表
  4. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―表面(封筒の宛名の書き方)
  5. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―裏面
  6. 手紙―構成―封筒―書き方―洋封筒の場合(横書き)―表面・裏面
  7. 手紙―構成―便箋
  8. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)
  9. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―頭語
  10. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―時候の挨拶
  11. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―相手と自分の安否の言葉
  12. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―日頃の厚情へのお礼の言葉
  13. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―今後の厚情を願う言葉
  14. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―健康・繁栄等を祈る言葉
  15. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結びの言葉
  16. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結語
  17. 返信用封筒の書き方・折り方(入れ方)(返信用封筒のマナー)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手紙 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手紙」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー