手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結びの言葉 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結びの言葉


結びの言葉

結びの言葉の具体例

手紙葉書等には、末文の最に、次のような結びの言葉を記す。

  • (まずは)取り急ぎ(書中にて[書中をもって・書中をもちまして])◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶・お詫び 等)申し上げます
  • (まずは)取り急ぎ◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶 等)まで
  • まずは(書中にて[書中をもって・書中をもちまして])◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶・お詫び 等)申し上げます
  • まずは◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶 等)まで
  • まずは要件のみにて失礼いたします
  • 略儀ながら書中にて[書中をもって・書中をもちまして]◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶・お詫び 等)申し上げます
  • 右[以上](、)書中にて[書中をもって・書中をもちまして]◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶・お詫び 等)申し上げます
  • 右[以上](、)取り急ぎ(書中にて[書中をもって・書中をもちまして])◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶・お詫び 等)申し上げます
  • (まずは)右◯◯(ご挨拶・ご案内・お礼・ご報告・お礼かたがたご挨拶 等)まで

今後の厚情を願う言葉」の手紙葉書等の基本書式における位置づけ

手紙葉書等の基本的な書式(構成)は、次のとおり、①文②主文③末文④付けの4つである。

    1. 頭語
    2. 挨拶
      1. 時候の挨拶
      2. 相手と自分の安否の言葉
      3. 日頃の厚情へのお礼の言葉
  1. 主文
    1. 起辞
    2. 要件
  2. 末文
    1. 挨拶
      1. 今後の厚情を願う言葉
      2. 健康・繁栄等を祈る言葉
    2. 結びの言葉
    3. 結語
  3. 付け
    1. 日付
    2. 発信者…自分の
    3. 受信者(宛名)…相手の名字・敬称



| 現在のカテゴリ:手紙 |

現在のカテゴリ:手紙

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手紙」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手紙
  2. 手紙―構成―封筒
  3. 手紙―構成―封筒―規格とそれに対応する用紙サイズの一覧表・早見表
  4. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―表面(封筒の宛名の書き方)
  5. 手紙―構成―封筒―書き方―和封筒の場合(縦書き)―裏面
  6. 手紙―構成―封筒―書き方―洋封筒の場合(横書き)―表面・裏面
  7. 手紙―構成―便箋
  8. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)
  9. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―頭語
  10. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―時候の挨拶
  11. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―相手と自分の安否の言葉
  12. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―前文―日頃の厚情へのお礼の言葉
  13. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―今後の厚情を願う言葉
  14. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―健康・繁栄等を祈る言葉
  15. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結びの言葉
  16. 手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)―末文―結語
  17. 返信用封筒の書き方・折り方(入れ方)(返信用封筒のマナー)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手紙 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手紙」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー