機関―取締役会―運営―招集―招集手続き - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

機関―取締役会―運営―招集―招集手続き



取締役会の招集手続

取締役会招集通知

取締役に取締役会への出席と準備の機会を確保するために、取締役会を招集する者(→取締役会の招集権者)は、すべての取締役に招集通知をすることが必要とされています。

ただし、取締役は経営の専であり、また取締役会意思決定は迅速性が要請されますので、株主総会招集通知より簡素化されています

会社法では、取締役会招集通知については株主総会招集通知の場合とは異なり、通知の「期間」に関する規定しかありません。

期間・期限・

取締役会招集通知は、原則として取締役会の日の1週間までに行います。

株主総会招集通知は「2週間」とされています。

ただし、この期間は定款で短縮できます。

方法
書面または口頭

株主総会招集通知は所定の場合には書面によるものとされていますが、取締役会招集通知は、書面でも口頭(電話等)でもかまいません。

ただし、日問題となるおそれもありますので、一般的には書面で通知をしたほうが望ましいとはいえます。

取締役会招集通知書の記載事項

取締役会招集通知を書面で行う場合、通知書の一般的な記載事項は次のとおりです。

  1. 取締役会の日
  2. 取締役会の場所
  3. 取締役会目的である事項(=議題

ただし、取締役会招集通知書では、株主総会招集通知書の場合と異なり、「議案」(議題の具体的内容)はもちろんのこと「議題」さえ記載しなくてもかまわないと解されています。

会社法にその旨の規定はありませんし、取締役は、株主とは違って経営の専であり、会社の業務および財産の状況を常に把握しているからです。

取締役会招集通知書のテンプレートの見本・雛形・サンプルの無料ダウンロード

取締役会招集通知書の書式・様式は、次のページからダウンロードできます。

会社・ビジネス文書―社外―取締役会招集通知書 雛形 書式 ・ 様式 テンプレート01(ワード Word) - [テンプレート]ビジネス文書・手紙・はがきテンプレート(書式・様式・書き方)の無料ダウンロード



| 現在のカテゴリ:機関 |

現在のカテゴリ:機関

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「機関」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 機関
  2. 機関―株主総会
  3. 機関―株主総会―分類―定時株主総会
  4. 機関―株主総会―分類―臨時株主総会
  5. 機関―株主総会―議事録―株主総会議事録
  6. 機関―株主総会―議事録―株主総会議事録―内容―議事の経過の要領及びその結果
  7. 機関―株主総会―議事録―株主総会議事録―内容―議事の経過の要領及びその結果―議案
  8. 機関―株主総会―議事録―株主総会議事録―内容―議事の経過の要領及びその結果―議案―関係概念―議題
  9. 機関―取締役―報酬
  10. 機関―取締役会
  11. 機関―取締役会―運営―招集―招集権者
  12. 機関―取締役会―運営―招集―招集手続き



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:機関 の位置づけ

現在のカテゴリ:「機関」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー