屋根―屋根材 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

屋根―屋根材



屋根材とは

屋根材の定義・意味など

屋根材(やねざい)とは、屋根に用いる外装材をいう。

屋根材の分類・種類

屋根材は次のような種類に分類される。

フラットな屋根にしたい場合は、スレートや金属系のガルバリウム鋼板などの屋根材を選択することになる。

    1. 粘土瓦
    2. セメント瓦
    3. 金属瓦(アルメットルーフィング)
  1. スレート
  2. 金属系
    1. ガルバリウム鋼板など
  3. その他
    1. ALC

屋根材の位置づけ・体系(上位概念等)

外装材

建築物の外側の仕上げ材として使用される建材外装材というが、外装材には外壁材と屋根材がある。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―外観―屋根・軒・庇」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 屋根
  2. 屋根―形状―陸屋根(平屋根)
  3. 屋根―形状―陸屋根(平屋根)―パラペット
  4. 屋根―屋根勾配
  5. 屋根―屋根材
  6. 屋根―屋根材―スレート
  7. 屋根―屋根材―ガルバリウム鋼板



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「住宅の新築(3)住宅の仕様の検討―外観―屋根・軒・庇」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー