法定調書―給与所得の源泉徴収票 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


法定調書―給与所得の源泉徴収票


給与所得の源泉徴収票とは

給与所得の源泉徴収票の定義・意味・意義

給与所得の源泉徴収票とは、会社が、従業員や役員などに対して支払った俸給、給料賃金、歳費、賞与などの給与と、これに課される所得税の源泉徴収税額を証明する書面をいいます。

 

給与所得の源泉徴収票の位置づけ・体系

給与所得の源泉徴収票は、源泉徴収票の一つです。

源泉徴収票には、次の3つの種類があります。

  1. 給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書
  2. 退職所得の源泉徴収票(特別徴収票)
  3. 公的年金等の源泉徴収票

なお、「給与支払報告書」と「特別徴収票」は、地方税法において提出が義務づけられている書面ですが、それぞれ「給与所得の源泉徴収票」と「退職所得の源泉徴収票」と記載内容が同じであるため、原則として規格と様式を統合して刷されています。

 

給与所得の源泉徴収票の見方・書き方

次のページを参照してください。

給与所得の源泉徴収票の見方と書き方・記載方法・記入方法・作成方法

 

給与所得の源泉徴収票の手続き―作成と提出・交付

事業所等が1月1日から12月31日までの間に給与を支払った場合、事業所等はその給与等の支払を受ける者の各人別に給与所得の源泉徴収票を2通作成しなければなりません。

そして、作成した源泉徴収票の1通は翌年の1月31日までに税務署に提出し、残りの1通は給与等の支払を受ける者に交付します。

この給与所得の源泉徴収票の作成と提出方法には、次の2つの方法があります。

  1. 書面で作成して税務署に持参ないしは郵送により提出する方法
  2. e-Taxにより作成・提出する方法

 

1.書面で作成して税務署に持参ないしは郵送により提出する方法

次のページを参照してください。

給与所得の源泉徴収票を書面で作成する手続き・手順・方法・仕方

給与所得の源泉徴収票を書面で提出する手続き・手順・方法・仕方

 

2.e-Taxにより作成・提出する方法

次のページを参照してください。

給与所得の源泉徴収票をe-Taxで作成・提出する手続き・手順・方法・仕方

 



| 現在のカテゴリ:手続き・届出・届け―税務署 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手続き・届出・届け―税務署」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 法定調書
  2. 法定調書―源泉徴収票
  3. 法定調書―給与所得の源泉徴収票
  4. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方
  5. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―支払金額
  6. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―所得控除の額の合計額
  7. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―書面による作成・提出方法―作成
  8. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―書面による作成・提出方法―提出
  9. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―e-Tax(電子申請・オンライン申請)による作成・提出方法
  10. 異動事項に関する届出
  11. 異動事項に関する届出―手続き
  12. 異動事項に関する届出―手続き―書面により提出する方法
  13. 異動事項に関する届出―手続き―オンラインにより提出する方法



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手続き・届出・届け―税務署 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手続き・届出・届け―税務署」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー