異動事項に関する届出―手続き―書面により提出する方法 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


異動事項に関する届出―手続き―書面により提出する方法


異動事項に関する届出の手続き・手順・方法・仕方

はじめに

異動事項に関する届出とは、会社などの法人等が、住所の変更など異動事項があった場合に、納税地の所轄税務署に対して行う手続きをいいます。

その方法には、次の2つの方法があります。

 

このページでは、このうち、書面で届出を行う方法についてまとめています。

 

概要・概略・あらまし

異動事項に関する届出は、異動等を行った法人等が所定の届出書を作成して、納税地の所轄税務署長に持参または郵送して行います。

 

届出をしなければならない者

届出をしなければならない者は、異動等を行った法人等です。

 

届出先・提出先

納税地の所轄税務署長

 

届出方法

所定の届出書を、納税地の所轄税務署に持参または送付して行います。

 

なお、e-Taxを利用して提出する場合は、添付書類は不要となります。

書面で提出する場合も原則として添付書類は不要ですが、述するように、提出が求められる場合もあります。

 

たとえば、会社住所登記事項ですので、住所変更した場合は、商業登記の申請をする必要があります。

本店の移転の登記とは

しかし、実際に登記が完了するまでには日数がかかりますので、登記事項証明書登記の申請してすぐに取得できるわけではありません。

したがって、e-Taxを利用して届出をすれば、添付書類は必ず不要となりますので、登記が完了するのを待たずに、手続きをすませてしまうことができます。

 

届出・提出の期間・期限

届出期間は、「異動等速やかに」ということになっています。

 

必要書類

届出書

届出は、「異動届出書」という所定の書式・様式の書面を提出して行います。

 

書式・様式

異動届出書」は、税務署の口でもらえます。

また、税庁のホームページからダウンロードすることもできます。

 

添付書類・提示書類など

添付書類は、原則として、不要です。

ただし、異動事項の内容を確認するため、登記事項証明書定款等の写しの提出を求められる場合があります。

先述したように、e-Taxを利用して提出する場合は、添付書類は不要です。

 



| 現在のカテゴリ:手続き・届出・届け―税務署 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手続き・届出・届け―税務署」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 法定調書
  2. 法定調書―源泉徴収票
  3. 法定調書―給与所得の源泉徴収票
  4. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方
  5. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―支払金額
  6. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―所得控除の額の合計額
  7. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―書面による作成・提出方法―作成
  8. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―書面による作成・提出方法―提出
  9. 法定調書―給与所得の源泉徴収票―e-Tax(電子申請・オンライン申請)による作成・提出方法
  10. 異動事項に関する届出
  11. 異動事項に関する届出―手続き
  12. 異動事項に関する届出―手続き―書面により提出する方法
  13. 異動事項に関する届出―手続き―オンラインにより提出する方法



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手続き・届出・届け―税務署 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手続き・届出・届け―税務署」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー