戸籍―分類・種類 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


戸籍―分類・種類


戸籍の分類・種類

戸籍の分類には、戸籍自体による分類と戸籍の写しによる分類とがあります。

1.戸籍自体の分類・種類

現在戸籍

現在の戸籍です。

除籍

除籍とは、戸籍の中の人の全員が婚姻や死亡などによって戸籍を出ることをいいます。

そのために誰も残っていない戸籍簿を除籍簿といいます。

改製原戸籍

法令により戸籍は改製され、新しくなりますが、 改製原戸籍とは、改製の元になった原戸籍をいいます。

改製原戸籍も改製されるまでは、現在戸籍であったということになります。

2.戸籍の写しの分類・種類

戸籍の写しには、戸籍謄本戸籍抄本とがあります。

なお、通常の戸籍と同じように、除籍写しにも、除籍謄本除籍抄本の区別があります。

戸籍謄本

戸籍謄本とは、全部(戸籍にのっている全員)が記載された戸籍の写しです。

なお、住民票は個人を単位としていますので、法律的には、住民票謄本という用語はありません。

しかし、住民票は世帯ごとに編成されているので、世帯の全員の住民票を発行することもできます。

この世帯の全員が記載された住民票を、俗に住民票謄本といいます。

戸籍抄本

戸籍抄本とは、個人の部分だけの写しをいいます。



| 現在のカテゴリ:戸籍 |

現在のカテゴリ:戸籍

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「戸籍」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 戸籍
  2. 戸籍―戸籍の記載内容―見出し①―本籍
  3. 戸籍―戸籍の記載内容―見出し②―戸籍の筆頭者
  4. 戸籍―分類・種類
  5. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―除籍―除籍とは
  6. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―除籍―除籍の公開
  7. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―戸籍の附票
  8. 戸籍―戸籍証明書
  9. 戸籍―戸籍証明書―戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  10. 戸籍―戸籍証明書―戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)
  11. 戸籍―戸籍証明書―除籍謄本(除籍全部事項証明書)
  12. 戸籍―戸籍証明書―除籍抄本(除籍個人事項証明書)
  13. 戸籍―戸籍証明書―身分証明書
  14. 戸籍―手続―戸籍謄本・戸籍抄本の取り方・取得方法―①窓口で請求書を提出する方法
  15. 戸籍―手続―戸籍謄本・戸籍抄本の取り方・取得方法―②郵送で請求書を提出する方法
  16. 戸籍―戸籍の変更―入籍
  17. 戸籍―戸籍の変更―入籍―入籍の手続き―入籍届
  18. 戸籍―戸籍の変更―分籍
  19. 戸籍―戸籍の変更―分籍―分籍の手続き―分籍届



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:戸籍 の位置づけ

現在のカテゴリ:「戸籍」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー