戸籍―戸籍の変更―分籍 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


戸籍―戸籍の変更―分籍


分籍とは

分籍の定義・意味・意義

分籍とは、を変えずに、これまで在籍していた戸籍から分かれて、新しい戸籍をつくることをいいます。

分籍の趣旨・目的・機能(メリットとデメリット)

「分籍の効果効力」で述するように、分籍しても、実質的には(親子関係、相続といった法律関係など)何の影響もありません。

分籍の要件効果

分籍の要件・条件

戸籍の筆頭者とその配偶者以外の20歳以上の人であれば、だれでも分籍をすることができます。

なお、親の同意は不要です。

分籍の効果効力

分籍すると、新しい戸籍の筆頭者となり、元の戸籍からは除籍されます。

なお、一度分籍すると、元の戸籍に戻ることはできません。

分籍の効果は、この戸籍制度上の変化だけで、相続や親子関係などの身分関係、その他法律関係、事実上の社会関係などとには一切影響を及ぼしません。

分籍の手続き(分籍届

結婚したので、新しい戸籍をつくる場合は、婚姻届に新しい本籍地を記入するだけで、分籍できます。

その他の一般的な分籍届の手続きについては、次のページを参照してください。

分籍届の手続き・手順・方法・仕方



| 現在のカテゴリ:戸籍 |

現在のカテゴリ:戸籍

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「戸籍」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 戸籍
  2. 戸籍―戸籍の記載内容―見出し①―本籍
  3. 戸籍―戸籍の記載内容―見出し②―戸籍の筆頭者
  4. 戸籍―分類・種類
  5. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―除籍―除籍とは
  6. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―除籍―除籍の公開
  7. 戸籍―戸籍自体の分類・種類―戸籍の附票
  8. 戸籍―戸籍証明書
  9. 戸籍―戸籍証明書―戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  10. 戸籍―戸籍証明書―戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)
  11. 戸籍―戸籍証明書―除籍謄本(除籍全部事項証明書)
  12. 戸籍―戸籍証明書―除籍抄本(除籍個人事項証明書)
  13. 戸籍―戸籍証明書―身分証明書
  14. 戸籍―手続―戸籍謄本・戸籍抄本の取り方・取得方法―①窓口で請求書を提出する方法
  15. 戸籍―手続―戸籍謄本・戸籍抄本の取り方・取得方法―②郵送で請求書を提出する方法
  16. 戸籍―戸籍の変更―入籍
  17. 戸籍―戸籍の変更―入籍―入籍の手続き―入籍届
  18. 戸籍―戸籍の変更―分籍
  19. 戸籍―戸籍の変更―分籍―分籍の手続き―分籍届



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:戸籍 の位置づけ

現在のカテゴリ:「戸籍」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー