口座―預金口座―口座開設―手続き―個人 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


口座―預金口座―口座開設―手続き―個人


銀行の個人口座開設の手続きの具体的手順・方法・仕方

個人口座開設の手続きは、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(「犯罪収益移転防止法」)にもとづく本人確認の手続きが中心となりますので、基本的には同じような手続きとなります。

ただし、銀行により、多少異なるところがあります。

 

申込者

本人

原則として、本人が手続きをします。

 

代理人

本人以外、代理人も口座開設の手続きをすることができます。

ただし、銀行によっては、制限しているところもあるようです。

詳しくは口座を開設する銀行口にお問い合わせください。

 

銀行口座開設に必要なもの

銀行口座を開設するには、口に来店して、備付けの口座開設申込書に必要事項を記入したうえ、届け銀行印)を押印して、申込みをします。

その際、次のものが必要となります。

本人が手続きをする場合

 

本人を確認できる公的な身分証明書

本人を確認できる公的な身分証明書としては、たとえば、次のようなものがあります。

 

代理人が手続きをする場合

 

委任

銀行によっては、代理人が手続きをする場合には、上記に加えて、委任状が必要とされている場合があります。

 



| 現在のカテゴリ:基礎・基本―口座 |

現在のカテゴリ:基礎・基本―口座

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎・基本―口座」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 口座
  2. 口座―預金口座
  3. 口座―預金口座―口座開設
  4. 口座―預金口座―口座開設―手続き―個人
  5. 口座―預金口座―口座開設―手続き―法人
  6. 口座―預金口座―口座名義―手続き―変更―法人



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基礎・基本―口座 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎・基本―口座」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー