住民基本台帳カード(住基カード) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


住民基本台帳カード(住基カード)


住民基本台帳カードとは

住民基本台帳カードの定義・意味・意義

住民基本台帳カードとは、住民基本台帳ネットワークシステムのサービスの一つで、住民票の記載事項のうち、次の事項がカードの表面とICチップに記録されているICカードをいいます。

市区町村が、希望する住民に対して発行します。

住民票コードは、ICチップに記録されるので、見えません。

住民基本台帳法施行規則
住民基本台帳カードの表面記載事項等)
第三十四条 住民基本台帳カードの表面に記載する事項は、名(別記様式第二に規定する住民基本台帳カードについては、名、出生の年月日、男女の別及び住所)とし、半導体集積回路に記録する事項は、住民票コードとする。

住民基本台帳カードの別名・別称・通称など

住基カード

住民基本台帳カードの通称は、住基カードです。

住民基本台帳カードの分類・種類

住民基本台帳カードには、顔写真付きのタイプと、顔写真なしのタイプがあります。

顔写真付きのタイプは、身分証明書(公的な本人確認書類)として利用することができます。

身分証明書としては運転免許証がよく利用されますが、高齢者など自動車免許がない人たちにとっては、便利です。

なお、どちらのタイプも発行費用は変わりません。

住民基本台帳カードの記載事項

カード表面

次のページを参照してください。

住民基本台帳カードの表面記載事項

ICチップ

住民基本台帳カードの有効期間・期限

住民基本台帳カードの有効期限は、発行日から10年間となります。

ただし、市区町村外に転出すると失効します。

住民基本台帳カードの趣旨・目的・機能・役割

住民基本台帳カードのシステムは、各種の行政手続をインターネットで申請などができる電子政府・電子自治体の基盤となるシステムです。

これにより、利用者側としては行政サービスを利用するのに利便性が高まり、行政側としては事務の効率化を図ることができます。

住民基本台帳カードのメリット(使い道・使い方・利用の仕方)

住民基本台帳カードを取得しておくと、いくつかメリットがあります。

住基カードの種類 主な使い道 有効期限 交付手数料
顔写真付き 本人確認書類
電子証明書公的個人認証サービス)の取得
10年間 500円ほど
顔写真なし 電子証明書公的個人認証サービス)の取得

詳細については、次のページを参照してください。

住民基本台帳カードのメリット(使い道・使い方・利用の仕方)

住民基本台帳カードの取得の手続き・手順・方法・仕方(交付・発行申請の手続き)

住民基本台帳カードは、市区町村で簡単に交付を受けることができます。

その手続きについては、次のページを参照してください。

住民基本台帳カードの取得手続き―具体的手順・方法・仕方(交付・発行申請の手続き)

住民基本台帳カードのパスワード

電子証明書公的個人認証サービス)も取得した場合、住民基本台帳カードには、次の2種類のパスワードがあることになります。

1.住民基本台帳カードのパスワード

住民基本台帳カードの発行に設定したパスワードで、4桁の数字です。

2.電子証明書のパスワード

電子証明書の発行に設定したパスワードで、4桁以上16桁以下の数字と大文字のアルファベットです。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)
  2. 住民基本台帳カード(住基カード)
  3. 住民基本台帳カード(住基カード)―カード表面の記載事項
  4. 住民基本台帳カード(住基カード)―メリット
  5. 住民基本台帳カード(住基カード)―手続―取得―住民基本台帳カード交付申請
  6. 住民基本台帳カード(住基カード)―手続―住民基本台帳カードの表面記載事項の変更―住民基本台帳カード表面記載事項変更届
  7. 住民基本台帳カード(住基カード)―手続―他の市区町村への住所変更―住民基本台帳カードの継続利用



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー