縁起物―具体例―正月の縁起物―注連飾り(しめかざり) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

縁起物―具体例―正月の縁起物―注連飾り(しめかざり)



(" 正月の準備―正月飾り―注連飾り "から複製)

注連飾りとは

注連飾りの定義・意味・意義

注連飾り(しめかざり)とは、新年を祝うために下などに飾る、注連縄(しめなわ)に縁起物などの飾りをつけた正月飾りをいう。

注連飾りの趣旨・目的・役割・機能

歳神様の依代

注連飾りの注連縄は、門松と同様に、歳神様をにお迎えするための依代(よりしろ。神霊がこの世に現れる際の媒体)である。

結界

注連縄(しめなわ)には結界を張るという意味もある。

すなわち、注連縄の飾られたの中は清浄であるとともに、の外に跋扈(ばっこ)する厄神が入ってこないようにするという意味がある。

参考:『日本のならわしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年。

注連飾りの作り方・飾り方

注連飾りは、注連縄に縁起物などの飾りをつける。

縁起物など
紙垂

紙垂(しで)とは、注連縄などにつけて垂らす、紙で作った垂(しで)をいう。

(だいだい。みかん)は、代々(だいだい)栄えるという縁起をかついだ縁起物である。

譲葉

譲葉(ゆずりは)は、新しい葉が生長してから古い葉が譲って落ちることから、が代々続いていくという縁起をかついだ縁起物である。

裏白

裏白(うらじろ)は、裏返すと白いことから清廉潔白を表す。

注連飾りの位置づけ・体系(上位概念)

正月飾り

注連飾り正月飾りのひとつである。

代表的な正月飾りには、注連飾りも含めて、次のようなものがある。

注連飾りを飾る期・期間

開始(いつから)

注連飾りなどの正月飾りは、古式に則るなら、12月13日事始めの日に飾るべきとなる。

しかし、現代では、これより遅く、大晦日に飾ればよい。

ただし、12月29日と12月31日は避ける。

29日に飾るのは「二重苦」「苦立て」といわれて縁起が悪く、31日に飾るのは「一夜飾り」として歳神様に失礼にあたると考えられるからである。

したがって、正月飾り12月28日までに飾るか、遅くとも12月30日には飾るべきということになる。

『日本のなわらしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年。

終了(いつまで・片付け)

注連飾りは、松の内元旦1月1日)から1月7日まで)の最終日である1月7日に片付けることが多い。

処分
左義長どんど焼き

左義長(さぎちょう。どんど焼き)が行われる地域では、左義長が行われる1月15日に門松注連飾りなどの正月飾りを焼く。



| 現在のカテゴリ:縁起・縁起物 |

現在のカテゴリ:縁起・縁起物

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「縁起・縁起物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 縁起
  2. 縁起物
  3. 縁起物―具体例―神社やお寺―お札(おふだ)
  4. 縁起物―具体例―神社やお寺―お守り(おまもり)
  5. 縁起物―具体例―正月の縁起物―年越しそば
  6. 縁起物―具体例―正月の縁起物―門松(松飾り)
  7. 縁起物―具体例―正月の縁起物―注連飾り(しめかざり)
  8. 縁起物―具体例―正月の縁起物―お節(おせち)
  9. 縁起物―具体例―正月の縁起物―鏡餅(かがみもち)
  10. 縁起物―具体例―正月の縁起物―膾(なます)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:縁起・縁起物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「縁起・縁起物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー