縁起物―具体例―正月の縁起物―鏡餅(かがみもち) - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

縁起物―具体例―正月の縁起物―鏡餅(かがみもち)



(" 正月の準備―正月飾り―鏡餅 "から複製)

鏡餅とは

鏡餅の定義・意味・意義

鏡餅(かがみもち)とは、正月や祭礼の際に歳神様や神仏に供える、円形の鏡のように丸くて平たい、大小2個(3個のところもある)の餅をひと重ねにしたものをいう。

鏡餅の趣旨・目的・役割・機能

歳神様へのお供え

鏡餅は、歳神様へのお供え物である。

縁起物

鏡餅は、正月縁起物のひとつである。

鏡餅の位置づけ・体系(上位概念)

正月飾り

鏡餅正月飾りのひとつである。

代表的な正月飾りには、鏡餅も含めて、次のようなものがある。

鏡餅を飾る日・飾る

開始(いつから)

鏡餅などの正月飾りは、古式に則るなら、12月13日事始めの日に飾るべきとなる。

しかし、現代では、これより遅く、大晦日に飾ればよい。

ただし、12月29日と12月31日は避ける。

29日に飾るのは「二重苦」「苦立て」といわれて縁起が悪く、31日に飾るのは「一夜飾り」として歳神様に失礼にあたると考えられるからである。

したがって、正月飾り12月28日までに飾るか、遅くとも12月30日には飾るべきということになる。

『日本のなわらしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年。

終了(いつまで・片付け)

鏡餅鏡開きをする1月11日に片付けることが多い。

処分
鏡開き

飾餅を飾る場所

鏡餅は、床の間、神棚、玄関のほか、台所、仕事場など暮らしの中の重要なところにお供えする。

よくあるご質問|日本鏡餅組合 http://www.kagamimochi.jp/faq/#k5

鏡餅の飾り方・作り方

一般的には、鏡餅を乗せる台(=三方(さんぼう・さんぽう)。三方の側面に穴のある四角形の台)に半紙を敷いて鏡餅を載せる。

そして、鏡餅の上に橙(だいだい)を乗せ、そして横に串柿を添えるなどして飾る。

飾餅の経緯・沿革・由来・歴史など

三種の神器

鏡餅は三種の神器(じんぎ)と深い関係があるといわれてる。

  • 鏡餅 → 八咫鏡(やたのかがみ)
  • 橙 → 八瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  • 串柿 → 草薙剣(くさなぎのつるぎ)

『日本のなわらしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年。



| 現在のカテゴリ:縁起・縁起物 |

現在のカテゴリ:縁起・縁起物

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「縁起・縁起物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 縁起
  2. 縁起物
  3. 縁起物―具体例―神社やお寺―お札(おふだ)
  4. 縁起物―具体例―神社やお寺―お守り(おまもり)
  5. 縁起物―具体例―正月の縁起物―年越しそば
  6. 縁起物―具体例―正月の縁起物―門松(松飾り)
  7. 縁起物―具体例―正月の縁起物―注連飾り(しめかざり)
  8. 縁起物―具体例―正月の縁起物―お節(おせち)
  9. 縁起物―具体例―正月の縁起物―鏡餅(かがみもち)
  10. 縁起物―具体例―正月の縁起物―膾(なます)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:縁起・縁起物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「縁起・縁起物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー