正月の準備―正月飾り - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


正月の準備―正月飾り


正月飾りとは

正月飾りの定義・意味・意義

正月飾りとは、門松注連飾り(注連縄)・鏡餅(かがみ餅)など、新年を祝うために飾るものの総称をいう。

正月飾りの趣旨・目的・役割・機能

新年の歳神様のお迎え

本来、正月飾りは、新年の歳神様をお迎えするために用意される。

正月飾りをする

開始(いつから)

古式に則るなら、12月13日事始めの日に正月飾りを飾るべきとなる。

しかし、現代では、これより遅く、大晦日に飾ればよい。

ただし、12月29日と12月31日は避ける。

29日に飾るのは「二重苦」「苦立て」といわれて縁起が悪く、31日に飾るのは「一夜飾り」として歳神様に失礼にあたると考えられるからである。

したがって、正月飾りは12月28日までに飾るか、遅くとも12月30日には飾るべきということになる。

参考:『日本のなわらしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年。

終了(いつまで・片付け)

門松は、松の内元旦1月1日)から1月7日まで)の最終日である1月7日に、鏡餅鏡開きをする1月11日に片付けることが多い。

処分
どんど焼き左義長

どんど焼き左義長(さぎちょう))が行われる地域では、どんど焼きが行われる1月15日に門松注連飾りなどの正月飾りや書き初めなどを焼く。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―暦注―上段―行事・祝日―正月」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 正月の準備―事始め(正月事始め)
  2. 正月の準備―お歳暮
  3. 正月の準備―年賀状
  4. 正月の準備―大掃除
  5. 正月の準備―正月飾り
  6. 正月の準備―正月飾り―門松(松飾り)
  7. 正月の準備―正月飾り―注連飾り
  8. 正月の準備―正月飾り―鏡餅
  9. 大晦日
  10. 大晦日―正月の飲食物(お正月料理)―年越しそば(年越し蕎麦)
  11. 大晦日―正月の行事―除夜の鐘
  12. 正月
  13. 正月三が日―正月の飲食物(お正月料理)―おせち(おせち料理・お節・御節)
  14. 正月三が日―正月の飲食物(お正月料理)―雑煮(お雑煮)
  15. 正月三が日―正月の飲食物(お正月料理)―その他縁起物の飲食物―膾(なます)
  16. 正月三が日―正月の行事―初詣(初参り)
  17. 正月三が日―正月の行事―初詣(初参り)―授かり物―お札
  18. 正月三が日―正月の行事―初詣(初参り)―授かり物―お守り
  19. 正月三が日―正月の行事―初日の出(初日の出参り)
  20. 松の内
  21. 松の内―正月の飲食物(お正月料理)―七草粥(七草がゆ)
  22. 正月の締め―正月の飲食物―鏡開き
  23. 正月の締め―正月の行事―どんど焼き(左義長)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―暦注―上段―行事・祝日―正月 の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―暦注―上段―行事・祝日―正月」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー