印鑑―構成要素―印面 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


印鑑―構成要素―印面


印面とは

印面の定義・意味・意義

印面(いんめん)とは、印鑑において、文字や図形を彫刻した面をいう。

印面の趣旨・目的・役割・機能

印鑑は、本人の同一性を確認するためのものである。

したがって、その印面は同じものがあってはならない。

また、印鑑は実用品であるとともに工芸品として、印面の小さな世界のなかで芸術的表現が行われる。

印面の経緯・沿革・由来・歴史など

代、武将たちは(いといん。中から輸入された生糸につけられていたをいう)をこぞって収集した。

その不思議な模様に魅かれていった武将たちは、その、個性的な紋様を持つ印鑑を次々と持つようになったという。

NHK 美の壺 File69 印章

印面の書体

印面に彫刻される文字の書体には次の6つの種類がある。

  1. 相体
  2. 篆書体
  3. 隷書体
  4. 行書体
  5. 楷書体



| 現在のカテゴリ:印鑑 |

現在のカテゴリ:印鑑

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「印鑑」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 印鑑(印・はんこ・印章)
  2. 印鑑―構成要素―印材
  3. 印鑑―構成要素―印面
  4. 印鑑―分類
  5. 印鑑―分類―用途―実印
  6. 印鑑―分類―用途―実印―法人の印鑑(会社の実印・代表者印・代表印・丸印)
  7. 印鑑―分類―用途―認め印(認印)
  8. 印鑑―分類―用途―銀行印
  9. 印鑑―分類―用途―角印(社印)
  10. 印鑑―分類―用途―訂正印
  11. 印鑑―分類―その他―会社印
  12. 印鑑―分類―その他―三文判
  13. 印鑑―押印―方式―割印
  14. 印鑑―押印―方式―契印
  15. 印鑑―押印―方式―捨印
  16. 印鑑―押印―方式―消印
  17. 印鑑―押印―仕方(押印の仕方・印鑑の押し方)
  18. 印鑑―押印―署名・記名・押印・捺印の違い



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:印鑑 の位置づけ

現在のカテゴリ:「印鑑」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー