印鑑―押印―方式―割印 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


印鑑―押印―方式―割印


(" 押印―方式―割印 "から複製)

割印とは

割印の定義・意味・意義

割印(わりいん)とは、一つのを、独立した別個の2つ以上の文書にまたがって押印すること、または押印された影をいう。

 

割印の趣旨・目的・機能・役割

割印は、独立した別個の2つ以上の文書が同一のもの、あるいは関連したものであることを証明することを目的としている。

 

割印と関係・関連する概念

契印
契印割印との違い

契印は同一書類間で押印することであるのに対して、割印は独立した別個の2つ以上の文書間で押印することをいう。

ただし、契印のことも割印と呼び、混同されている場合もよくある。

 

割印の具体例

契約書
契約書正本と副本・原本写し

割印は、契約書正本と副本、原本写しなどの間で行われる。

契約書の袋とじ

なお、契約書袋とじにした場合には、ページの割れ目のところに押印する。

これも割印契約書の袋とじ割印)と呼ばれることがあるが、述したようにこれは正確には契印にあたる。

 

領収書

割印は、領収書とその控えの間で行われる。

割印要件・条件

割印に使用する印鑑

たとえば、契約書では、割印は、契印とは異なり、署名捺印または記名押印)に使用した印鑑と同一の印鑑押印する必要はないとされている。

 



| 現在のカテゴリ:印鑑 |

現在のカテゴリ:印鑑

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「印鑑」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 印鑑(印・はんこ・印章)
  2. 印鑑―構成要素―印材
  3. 印鑑―構成要素―印面
  4. 印鑑―分類
  5. 印鑑―分類―用途―実印
  6. 印鑑―分類―用途―実印―法人の印鑑(会社の実印・代表者印・代表印・丸印)
  7. 印鑑―分類―用途―認め印(認印)
  8. 印鑑―分類―用途―銀行印
  9. 印鑑―分類―用途―角印(社印)
  10. 印鑑―分類―用途―訂正印
  11. 印鑑―分類―その他―会社印
  12. 印鑑―分類―その他―三文判
  13. 印鑑―押印―方式―割印
  14. 印鑑―押印―方式―契印
  15. 印鑑―押印―方式―捨印
  16. 印鑑―押印―方式―消印
  17. 印鑑―押印―仕方(押印の仕方・印鑑の押し方)
  18. 印鑑―押印―署名・記名・押印・捺印の違い



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:印鑑 の位置づけ

現在のカテゴリ:「印鑑」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー