印鑑―押印―署名・記名・押印・捺印の違い - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


印鑑―押印―署名・記名・押印・捺印の違い


署名記名押印捺印の違い

よく言われることであるが、本人であることを証明する手段として、欧米では署名(自署・サイン)を使用するのが一般であるが、日本では印鑑を使用するのが一般である。

また、署名をすべきとされる場合でも、署名に加えて押印までしておくのが確実という意識がある。

ここでは、普段あまり意識されることがないと思われる署名の意義や署名に類似する記名、そして、押印捺印など、まぎらわしい用語について整理する。

 

署名

署名とは、自著(いわゆるサイン)の方法で、自分の名を記載することをいう。

署名により文書成立の真正(文書の名義が真正であること、平たく言いますと、自分がこの文書を作成したのだ、ということ)が推定されることになり、裁判になったときに重要になる(民事訴訟法)。

つまり、署名は、日争いが生じて裁判沙汰になった場合に、高い証拠力がある。

 

署名捺印

このように、署名は確実な証拠となり、記名場合記名押印 述)と異なり、法律上は押印は不要とされている。

しかし、署名にも捺印押印)するのが通例である。

署名捺印が一番証拠力が高くなる。

  

記名

記名とは、自署(サイン)以外の方法で、自分の名を記載することをいう。

署名以外の方法とは、具体的には、 ワープロや刷、ゴムを使用したり、他人に代筆してもらう方法などがある。

記名は、署名の代わりにはならない。

 

記名押印

記名の末尾に、その人の印鑑が押されているものを、記名押印という。

法律上は、署名が原則ですが、一般的には記名捺印でもよいとされている。

商法 第三十二条  この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる。

 

押印捺印の違い

日本語には、捺印という言葉以外に、押印という言葉もある。

両者とも、を押すことをいい、基本的には同じ意味である。

ただし、実際には、次のような使い分けがされている場合がある。

 



| 現在のカテゴリ:印鑑 |

現在のカテゴリ:印鑑

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「印鑑」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 印鑑(印・はんこ・印章)
  2. 印鑑―構成要素―印材
  3. 印鑑―構成要素―印面
  4. 印鑑―分類
  5. 印鑑―分類―用途―実印
  6. 印鑑―分類―用途―実印―法人の印鑑(会社の実印・代表者印・代表印・丸印)
  7. 印鑑―分類―用途―認め印(認印)
  8. 印鑑―分類―用途―銀行印
  9. 印鑑―分類―用途―角印(社印)
  10. 印鑑―分類―用途―訂正印
  11. 印鑑―分類―その他―会社印
  12. 印鑑―分類―その他―三文判
  13. 印鑑―押印―方式―割印
  14. 印鑑―押印―方式―契印
  15. 印鑑―押印―方式―捨印
  16. 印鑑―押印―方式―消印
  17. 印鑑―押印―仕方(押印の仕方・印鑑の押し方)
  18. 印鑑―押印―署名・記名・押印・捺印の違い



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:印鑑 の位置づけ

現在のカテゴリ:「印鑑」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー