相続―基本―遺産相続とは - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


相続―基本―遺産相続とは


相続・遺産に関する基本用語

相続とは

私法の一般法である民法は、財産に関する財産法(第一編第二編第三編)、族関係に関する身分法(第四編)、そして相続法(第五編)から成り立っていますが、このうち、相続法に関する部分が、相続に関して定めています。

※「相続法」という名の法律は存在しません。

民法では、相続について、次のように規定しています。

(相続開始の原因) 第八百八十二条  相続は、死亡によって開始する。

(相続の一般的効力) 第八百九十六条  相続人は、相続開始のから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

このように、相続とは、死亡した人(被相続人と言います)の財産上の権利義務を、一定の者(相続人と言います)が包括的に承継することを言います。

この承継される包括的な財産(相続された財産)を相続財産と言います。

※戦は、という制度を提にした、督相続でしたが、戦の民法改正で廃止されました。

なお、被相続人は、原則として、遺言により、自分の死の財産を自由に処分することが認められていますが、遺留分制度によって遺言の自由には制約が加えられています。

遺産とは

遺産とは、相続財産のことです。



| 現在のカテゴリ:相続 |

現在のカテゴリ:相続

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「相続」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 相続―基本―遺産相続とは
  2. 相続―相続の手続き・手順―全体像
  3. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がある場合
  4. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続人
  5. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続順位(相続人の確定)
  6. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続分・相続割合
  7. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割とは
  8. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割の方法・仕方
  9. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議
  10. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議が成立しない場合
  11. 相続―書式・文例・テンプレート―遺産分割協議申し入れの内容証明書01
  12. 相続―書式・文例・テンプレート―遺産分割協議書の書き方01



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:相続 の位置づけ

現在のカテゴリ:「相続」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー