相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議


遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、相続人全員で話し合って、各々の遺産を分けを決定することで、相続における最大のヤマ場といえるでしょう。

詳細については、次のページを参照してください。

参照 →相続―法律知識―遺産分割―遺産分割の方法・仕方

遺産分割協議の要件・条件

遺産分割協議の基本的な要件は一つです。

それは、相続人全員が同意することです。

1人でも欠けていると、遺産分割協議は無効となります。

全員が一同に会して協議するのが原則でしょうが、それができなければ、持ち回り形式でもかまいません。

また、代理人を立てることもできます。

遺産分割協議の方法・仕方・手続き・手順(遺産分割協議をするには)

遺産分割協議には特別の手続きは不要です

遺産分割協議は、何か特別の手続きが要求されるわけではありません。

上に述べたように、ただ相続人全員が集まって、同意に達すればよいだけです。

遺産分割協議に応じようとしない者がいる場合には

しかし、中には遺産分割協議に応じようとしない者がいる場合もあります。

遺産分割協議ができなければ、不動産の相続登記の申請や相続の申告もできません。

このような場合には、庭裁判所に、「遺産分割の調停」を申し立てることもできますので、これに備えて、事内容証明郵便で、遺産分割協議に応じてくれるように、きちんと要求しておくこともよいでしょう。

遺産分割協議書

遺産分割協議書とは

遺産の分割の話し合いがまとまったら、その内容を文書化し、書類を作成します。

この書類が「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書は、単に日の紛争・トラブルを防止するために限らず、不動産の相続登記の申請や相続税の申告の際の必要書類でもあります。

遺産分割協議書の書式・様式

遺産分割協議書には、特に定められた書式はなく、自由に作成してかまいません。

ただし、特定のどの遺産を、誰が、どれだけ取得するのかを明確に書く必要があります。

なお、遺産の評価の基準は、遺産分割協議が成立したとなります(判例・実務)。

遺産分割協議書の方式・作成方法

相続人全員が、署名し、実印押印した上、印鑑証明書を添付して、各自が1通ずつ保管することになります。

印鑑証明書は、発行3ヶ月以内である必要はありません

遺産分割協議書の作成

相続の申告がある場合には、その納付期限内ということになります。



| 現在のカテゴリ:相続 |

現在のカテゴリ:相続

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「相続」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 相続―基本―遺産相続とは
  2. 相続―相続の手続き・手順―全体像
  3. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がある場合
  4. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続人
  5. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続順位(相続人の確定)
  6. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―相続分・相続割合
  7. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割とは
  8. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割の方法・仕方
  9. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議
  10. 相続―相続の手続き・手順―遺言書がない場合―遺産分割―遺産分割協議が成立しない場合
  11. 相続―書式・文例・テンプレート―遺産分割協議申し入れの内容証明書01
  12. 相続―書式・文例・テンプレート―遺産分割協議書の書き方01



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:相続 の位置づけ

現在のカテゴリ:「相続」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー