法律関係―法律要件―具体例―準法律行為 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


法律関係―法律要件―具体例―準法律行為


準法律行為とは

準法律行為の定義・意味・意義

準法律行為とは、当事者が欲した法律効果の内容とは異なっている(あるいは、そもそも法律効果の発生を欲していない)が、法律によって一定の法律効果の発生が認められている行為をいいます。

したがって、準法律行為は、当事者が欲したとおりの法律行為を生じさせるという法制度である法律行為意思表示)とは区別されています。

準法律行為の位置づけ・体系

準法律行為も、法律行為と同様、法律要件の一つとして位置づけられます。

準法律行為の分類・種類・区分

準法律行為は、次の2つの種類に大別されます。

  1. 表現行為
  2. 非表現行為

準法律行為の具体例

表現行為
意思の通知

観念の通知

非表現行為
無主物先占
事務管理




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「私法の基本・基礎・原理・仕組み・体系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 法律関係
  2. 法律関係―法律要件(要件)
  3. 法律関係―法律要件―具体例―法律行為
  4. 法律関係―法律要件―具体例―法律行為―意思表示
  5. 法律関係―法律要件―具体例―法律行為―意思表示―内容(意思表示の成立過程)
  6. 法律関係―法律要件―具体例―法律行為―意思表示―内容(意思表示の成立過程)―②効果意思(内心的効果意思・真意・意思)
  7. 法律関係―法律要件―具体例―法律行為―意思表示―内容(意思表示の成立過程)―③表示意思(表示上の効果意思)
  8. 法律関係―法律要件―具体例―準法律行為
  9. 法律関係―法律要件―具体例―準法律行為―催告
  10. 法律関係―法律要件―分類―成立要件
  11. 法律関係―法律要件―分類―有効要件
  12. 法律関係―法律要件―分類―効果帰属要件
  13. 法律関係―法律要件―分類―効力発生要件
  14. 法律関係―法律要件―分類―対抗要件
  15. 法律関係―法律効果
  16. 法律関係―法律効果―債権債務(権利義務)―債権
  17. 法律関係―法律効果―債権債務(権利義務)―債務



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:私法の基本・基礎・原理・仕組み・体系 の位置づけ

現在のカテゴリ:「私法の基本・基礎・原理・仕組み・体系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー