雑節―八十八夜 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

雑節―八十八夜



八十八夜とは

八十八夜の定義・意味・意義

八十八夜(はちじゅうはちや)とは、立春2月4日頃)を第1日目とした88日目をいい、5月2日頃がこの日にあたります。

 

八十八夜の趣旨・目的・役割・機能

八十八夜は種まきや茶摘みに適していますが、害に注意すべき期でもあります。

茶摘みの最盛期

八十八夜は茶摘みの最盛期となります。

「夏も近づく八十八夜 野にも山にも…」という歌い出しで有名な『茶摘(ちゃつみ)』という童謡(文部省唱歌となっています)があります。

この日に摘んだ茶を飲むと縁起がいいともいわれています。

 

の遅の発生

八十八夜は、立夏5月5日頃)をに最の遅が発生しやすいとされ、昔から農の人は注意をしてきました。

 

八十八夜に関する風俗・風習

行事

茶の産地ではさまざまなイベントが催されています。

 

八十八夜の位置づけ・体系

雑節

八十八夜は雑節のひとつです。

雑節二十四節気と並ぶ、日本における独自の季節区分で、立天文台が毎年発表している暦要項 (れきようこう)では、雑節として次のものが掲載されています。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―暦注―下段―季節を示す暦②―雑節」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 雑節(ざっせつ)
  2. 雑節―土用
  3. 雑節―土用―関係概念―土用の入り
  4. 雑節―土用―関係概念―土用の丑の日(土用丑の日)
  5. 雑節―土用―分類―冬の土用(寒土用)
  6. 雑節―節分
  7. 雑節―お彼岸(彼岸)
  8. 雑節―お彼岸(彼岸)―春のお彼岸(春の彼岸・春彼岸)
  9. 雑節―八十八夜
  10. 雑節―入梅
  11. 雑節―半夏生
  12. 雑節―二百十日
  13. 雑節―二百二十日



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―暦注―下段―季節を示す暦②―雑節 の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―暦注―下段―季節を示す暦②―雑節」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー