離婚届の不受理申出 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


離婚届の不受理申出


離婚届の不受理申出とは

離婚届の不受理申出の意味・意義・定義など

離婚届の不受理申出とは、相手が合意もないのに勝手に離婚届を出そうとしても、 役所で離婚届を受理しないようにしてもらう制度です。

離婚届の不受理申出の趣旨・目的・機能

離婚するには、原則として、当事者間の合意が必要です。

しかし、離婚の合意がない、あるいは、離婚すること自体には合意があっても、慰謝料、子供の親権や養育費などの話し合いがまだできていないにもかかわらず、相手が勝手に離婚届を偽造して、役所に提出してしまうおそれがある場合があります。

また、つい感情的になって離婚届に判を押してしまったが、気持ちが変わって別れたくなくなる場合もあります。

こうした場合であっても、離婚届は形式的な要件が整っていれば、受理されます。

形式的意思説(判例)
ちなみに、判例は、生活保護の受給を継続するための方便として、離婚の届出がされたにすぎないときでも、形式的な要件が整っていれば、離婚は有効であるとして、離婚するには本当に離婚したいという実質的意思は不要であるという立場をとっています。

本制度は、このような事態を避けるために設けられています。

離婚届の不受理申出の効果効力

離婚届の不受理申出の基本的効果

離婚届の不受理申出の効果として、相手が勝手に離婚届を提出しようとしても、離婚届不受理申出書を先に提出してある限り、離婚届は受理されません。

離婚届の不受理申出の撤回

この不受理申出は「不受理申出取下書」を出すことにより、いつでも撤回することができます。

不受理申出書を提出した、あらためて双方の合意のうえ、離婚届を提出する場合は、まず不受理申出取下書を提出してからでなければ、 離婚届は受理されません。

離婚届の不受理申出の有効期限

不受理申出の有効期限は申し出た日から6ヶ月です。

6ヶ月をすぎると、自動的に効力を失うので、延長したい場合には、あらためて申出書を提出しなければなりません。



| 現在のカテゴリ:離婚 |

現在のカテゴリ:離婚

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「離婚」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 離婚―離婚とは
  2. 離婚―離婚の手続き・手順―準備手続―離婚をする場合の取り決め事項
  3. 離婚―離婚の手続き・手順―準備手続―離婚をする場合の取り決め事項―離婚協議書
  4. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届とは
  5. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届の提出
  6. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後①―法律関係
  7. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後②―諸手続き
  8. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―概要・全体像
  9. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―協議離婚
  10. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―調停離婚
  11. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―調停離婚の手続き・手順・方法・仕方
  12. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―審判離婚
  13. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚
  14. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因
  15. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者に不貞な行為があったとき(浮気)
  16. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者から悪意で遺棄されたとき(音信不通)
  17. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者から悪意で遺棄されたとき(音信不通)―離婚訴訟の手続き
  18. 離婚―書式・文例・テンプレート01―別居している場合に離婚協議を申し入れる
  19. 離婚―書式・文例・テンプレート01―離婚協議書
  20. 離婚―離婚の効果・効力
  21. 離婚―離婚の効果・効力―財産分与請求権
  22. 離婚届の不受理申出
  23. 離婚届の不受理申出の手続き・手順・方法・仕方



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:離婚 の位置づけ

現在のカテゴリ:「離婚」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー