離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後①―法律関係 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後①―法律関係


離婚届けを出した法律関係

離婚届を提出すると、法律的(民法)には、次のような効果が発生します。

名変更

離婚による復等)
民法第七百六十七条  婚姻によってを改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻に復する。
2  項の規定により婚姻に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していたを称することができる。

原則―婚姻)に戻る

離婚すると、結婚でを変更したほうは、原則として結婚に戻ります。

ただし、たとえば、結婚して妻が夫のを名乗っている場合離婚して子供の親権者が妻になったときであっても、子供のは夫ののままです。

例外―婚姻中のをそのまま名乗る

しかし、所定の届出をすれば、離婚も婚姻中のをそのまま名乗ることができます。

届出先

本籍地または住所地の市区町村役所

期限

離婚の日から3ヶ月以内

届出手続き

離婚の際に称していたを称する届」を提出する

戸籍変更

離婚すると、夫婦のどちらかが元の戸籍から抜けます。

この場合、実戸籍に戻るか、新たに自分の戸籍をつくることになります。

離婚等による姻族関係の終了)
民法第七百二十八条  姻族関係は、離婚によって終了する。

なお、離婚というのは、あくまでも夫婦の問題ですので、子供の戸籍は変わりません。

離婚子供の戸籍を自分と同じにしたい場合については、次のページを参照してください。

離婚後の子供の戸籍と姓



| 現在のカテゴリ:離婚 |

現在のカテゴリ:離婚

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「離婚」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 離婚―離婚とは
  2. 離婚―離婚の手続き・手順―準備手続―離婚をする場合の取り決め事項
  3. 離婚―離婚の手続き・手順―準備手続―離婚をする場合の取り決め事項―離婚協議書
  4. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届とは
  5. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届の提出
  6. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後①―法律関係
  7. 離婚―離婚の手続き・手順―離婚届―離婚届けの提出後②―諸手続き
  8. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―概要・全体像
  9. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―協議離婚
  10. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―調停離婚
  11. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―調停離婚の手続き・手順・方法・仕方
  12. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―審判離婚
  13. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚
  14. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因
  15. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者に不貞な行為があったとき(浮気)
  16. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者から悪意で遺棄されたとき(音信不通)
  17. 離婚―離婚の方法・方式・要件(形態)―裁判離婚―離婚原因―配偶者から悪意で遺棄されたとき(音信不通)―離婚訴訟の手続き
  18. 離婚―書式・文例・テンプレート01―別居している場合に離婚協議を申し入れる
  19. 離婚―書式・文例・テンプレート01―離婚協議書
  20. 離婚―離婚の効果・効力
  21. 離婚―離婚の効果・効力―財産分与請求権
  22. 離婚届の不受理申出
  23. 離婚届の不受理申出の手続き・手順・方法・仕方



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:離婚 の位置づけ

現在のカテゴリ:「離婚」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー