定款―記載事項―絶対的記載事項―設立に際して出資される財産の価額又はその最低額 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

定款―記載事項―絶対的記載事項―設立に際して出資される財産の価額又はその最低額



設立に際して出資される財産の価額又はその最低額とは

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」の位置づけ・体系

設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」とは、 会社設立する際には必ず作成しなければならない定款絶対的記載事項のひとつです。

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」の定義・意味・意義

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」とは、会社設立の資本金に相当するものです。

最低資本金制度は廃止されているので、ここは1円としても株式会社設立することができます。

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」の制定過程・経緯・沿革・歴史など

2006年(平成18年)5月1日会社法施行

2006年(平成18年)5月1日に施行された会社法では、出資は1円でもよいされ、最低資本金制度は全面的に廃止されました。

資本―制度―最低資本金制度 - 簿記勘定科目一覧表(用語集)

これにともない、それまで旧商法で定款絶対的記載事項のひとつとされていた「株式会社設立に際して発行する株式の総数」の代わりに、「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」を定めるものとされました。

「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」の書き方・記入例・作成方法・手引き

たとえば、「当会社設立に際して出資される財産の全額を資本金とし、その最低額は金300万円、1株の払込金額は金5万円とする。」などと記載します。

資本金を1円にするのであれば、「当会社設立に際して出資される財産の全額を資本金とし、その最低額は金1円、1株の払込金額は金1円とする。」となります。



| 現在のカテゴリ:手続き―定款の作成 |

現在のカテゴリ:手続き―定款の作成

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 22 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手続き―定款の作成」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 定款
  2. 定款―記載事項―絶対的記載事項
  3. 定款―記載事項―絶対的記載事項―目的
  4. 定款―記載事項―絶対的記載事項―商号
  5. 定款―記載事項―絶対的記載事項―商号―規制
  6. 定款―記載事項―絶対的記載事項―本店の所在地
  7. 定款―記載事項―絶対的記載事項―本店の所在地―ポイント(決め方・決定方法)
  8. 定款―記載事項―絶対的記載事項―設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
  9. 定款―記載事項―絶対的記載事項―発行可能株式総数
  10. 定款―記載事項―相対的記載事項
  11. 定款―記載事項―相対的記載事項―取締役・監査役の任期
  12. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)
  13. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―官報公告
  14. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―官報公告―官報
  15. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―電子公告
  16. 定款―記載事項―任意的記載事項
  17. 定款―記載事項―任意的記載事項―事業年度
  18. 定款―記載事項―任意的記載事項―定時株主総会の開催時期
  19. 定款―電子定款
  20. 定款―電子定款―作成方法
  21. 合同会社の定款
  22. 合同会社の定款―相対的記載事項―業務執行社員



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手続き―定款の作成 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手続き―定款の作成」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー