定款―電子定款 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


定款―電子定款


電子定款とは

電子定款の定義・意味・意義

電子定款とは、紙媒体ではなく、CDなどの電子媒体の定款をいいます。

具体的には、定款をワードや一太郎などのワープロソフトで作成し、これを(刷するのではなく)専用ソフトを使用してPDFファイル形式にして、(実印による押印の代わりに)専用ソフトを用いて電子署名をして、FD(フロッピーディスク)やCD-Rなどのメディアに保存したものをいいます。

定款と電子定款との比較
定款 電子定款
紙媒体 FDやCD-Rなどの電子媒体
実印による押印 電子署名

電子定款のメリット・長所・利点・有利な点

定款を通常の紙で作成すると、印紙税法により、収入印紙4万円分を貼る必要があります。

しかし、定款を電子定款にして電子文書として作成すれば、電子文書は印紙税法上の「文書」に該当しないため、印紙税の対象とはならず、この収入印紙代4万円が不要となります。

ただし、株式会社場合には、電子定款であっても、公証人による定款の認証は必要です。

この場合、法務省オンライン申請システムを通じて公証人への定款認証の嘱託を行うことになります。

電子定款の作成方法

次のページを参照してください。

電子定款の作成方法・作成手続き・作り方

電子定款の注意点・ポイント

電子定款を書面で提出する方法・仕方

たとえば、登記申請などの際、電子定款を添付書類として書面で提出する必要がある場合もあります。

この場合は、PDFファイル形式の電子定款をプリンタで刷して、余白(最下部)に「◯◯会社◯◯◯◯の定款に相違ありません。」などと手書きで書き添えたうえ、会社名、代表者の資格と名を記載し、会社の実印押印するなどします。

ただし、提出先により取り扱いが異なる可能性がありますので、実際に電子定款を添付書類として書面で提出する場合には、提出先にお問い合わせください。



| 現在のカテゴリ:手続き―定款の作成 |

現在のカテゴリ:手続き―定款の作成

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 22 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手続き―定款の作成」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 定款
  2. 定款―記載事項―絶対的記載事項
  3. 定款―記載事項―絶対的記載事項―目的
  4. 定款―記載事項―絶対的記載事項―商号
  5. 定款―記載事項―絶対的記載事項―商号―規制
  6. 定款―記載事項―絶対的記載事項―本店の所在地
  7. 定款―記載事項―絶対的記載事項―本店の所在地―ポイント(決め方・決定方法)
  8. 定款―記載事項―絶対的記載事項―設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
  9. 定款―記載事項―絶対的記載事項―発行可能株式総数
  10. 定款―記載事項―相対的記載事項
  11. 定款―記載事項―相対的記載事項―取締役・監査役の任期
  12. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)
  13. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―官報公告
  14. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―官報公告―官報
  15. 定款―記載事項―相対的記載事項―公告方法(公告の方法)―官報に掲載する方法―電子公告
  16. 定款―記載事項―任意的記載事項
  17. 定款―記載事項―任意的記載事項―事業年度
  18. 定款―記載事項―任意的記載事項―定時株主総会の開催時期
  19. 定款―電子定款
  20. 定款―電子定款―作成方法
  21. 合同会社の定款
  22. 合同会社の定款―相対的記載事項―業務執行社員



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手続き―定款の作成 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手続き―定款の作成」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー