設立の登記(合同会社)―登記事項 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


設立の登記(合同会社)―登記事項


合同会社の設立の登記の登記事項

合同会社の設立の登記の登記事項(「登記すべき事項」)は、会社法に以下のとおり規定されている(会社法第914条)。

  1. 目的
  2. 商号
  3. 本店と支店の所在場所
  4. 合同会社の存続期間または解散の事由についての定款の定めがあるときは、その定め
  5. 資本金の額
  6. 合同会社業務を執行する社員(=業務執行社員)のまたは名称
  7. 合同会社を代表する社員(=代表社員)のまたは名称及び住所
  8. 合同会社を代表する社員法人であるときは、当該社員の職務を行うべき者(=職務執行者)の及び住所
  9. 公告方法についての定款の定めがあるときは、その定め
  10. 電子公告公告方法とする旨のものであるときは、次に掲げる事項
  11. 9.の定款の定めがないときは、官報に掲載する方法を公告方法とする旨

会社
合同会社の設立の登記
第九百十四条  合同会社の設立の登記は、その本店の所在地において、次に掲げる事項を登記してしなければならない。
 目的
 商号
 本店及び支店の所在場所
 合同会社の存続期間又は解散の事由についての定款の定めがあるときは、その定め
 資本金の額
 合同会社業務を執行する社員又は名称
 合同会社を代表する社員又は名称及び住所
 合同会社を代表する社員法人であるときは、当該社員の職務を行うべき者及び住所
 第九百三十九条第一項の規定による公告方法についての定款の定めがあるときは、その定め
 号の定款の定めが電子公告公告方法とする旨のものであるときは、次に掲げる事項
 電子公告により公告すべき内容である情報について不特定多数の者がその提供を受けるために必要な事項であって法務省令で定めるもの
 第九百三十九条第三項段の規定による定款の定めがあるときは、その定め
十一  第九号の定款の定めがないときは、第九百三十九条第四項の規定により官報に掲載する方法を公告方法とする旨

ポイント・注意点・注意事項

代表社員または名称及び住所

代表社員については、業務執行社員場合とは異なり、名(個人の場合または名称(法人場合)に加えて、住所の記載も要することに注意。



| 現在のカテゴリ:手続き―設立の登記 |

現在のカテゴリ:手続き―設立の登記

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手続き―設立の登記」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 設立の登記
  2. 設立の登記―前提―印鑑提出
  3. 設立の登記(合同会社)
  4. 設立の登記(合同会社)―登記事項
  5. 設立の登記(合同会社)―登記事項―業務執行社員
  6. 設立の登記(合同会社)―登記事項―職務執行者
  7. 設立の登記(合同会社)―申請
  8. 設立の登記(合同会社)―申請―添付書類―定款
  9. 設立の登記(合同会社)―申請―添付書類―代表社員、本店所在地及び資本金を決定したことを証する書面
  10. 設立の登記(合同会社)―申請―添付書類―代表社員の就任承諾書
  11. 設立の登記(合同会社)―申請―添付書類―払込みがあったことを証する書面
  12. 設立の登記(合同会社)―申請―添付書類―資本金の額が会社法及び会社計算規則の規定に従つて計上されたことを証する書面(資本金の額の計上に関する書面)(資本金の額の計上に関する証明書)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手続き―設立の登記 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手続き―設立の登記」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー