時候―立春 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。

時候―立春



(" 立春 "から複製)

立春とは

立春の定義・意味など

立春(りっしゅん)とは、二十四節気のひとつで、の分かれる節分の翌日=2月4日頃(太陽暦)、または2月4日頃から次の節である雨水2月19日頃)の日までをいう。

ただし、雨水までの期間ではなく、節分の翌日の1日のみを立春とするのが一般的である。

立春目的・役割・意義・機能・作用など

寒明けの始まり

大寒が終わって立春になると、が明け(=寒明け)、暦のうえではになる。

立春から立夏日までがとなる。

春の気象・気候・天候・天気

三寒四温

立春を過ぎるとさ(余寒)は長続きせず、三寒四温に近い周期で暖を繰り返すようになる。

ただし、日本では三寒四温は正確には当てはまらないことが多い。

余寒

立春を過ぎてからのさを余寒という。

この立春からのさは、年によっては寒の内以上に厳しいことがある。

寒の戻り

余寒のあと、暖かい日が多くなってからのさを寒の戻りという。

春一番

立春以降(2月末~3月初め頃)に初めて吹く強い南風を春一番という。

春一番の訪れを示しているが、「の嵐」として注意を要する。

季語

立春季語とされている。

立春の位置づけ・体系(上位概念等)

二十四節気

立春二十四節気のひとつである。

二十四節気とは、1年を24等分(各15日)した季節区分で、次のとおり。

以下、月は太陽暦



| 現在のカテゴリ:国文学―基礎・基本―季語―春 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「国文学―基礎・基本―季語―春」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 時候―寒明け
  2. 時候―立春
  3. 時候―余寒
  4. 時候―啓蟄(けいちつ)
  5. 時候―彼岸(ひがん)
  6. 時候―春分(しゅんぶん)
  7. 天文―春一番
  8. 天文―春雷
  9. 天文―彼岸潮
  10. 人事―憲法記念日
  11. 植物―たんぽぽ
  12. 行事―上巳(じょうし)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:国文学―基礎・基本―季語―春 の位置づけ

現在のカテゴリ:「国文学―基礎・基本―季語―春」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー