立冬 - [社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

[社会]仕組み・手続き(申請・届出)・内容証明郵便など

日本の社会の仕組みや行政手続き等の方法・仕方・手順などを取り扱います。


立冬


立冬とは

立冬の定義・意味・意義

立冬(りっとう)とは、二十四節気のひとつで、11月7日頃(太陽暦)、または11月7日頃から次の節である小雪11月22日頃)の日までの期間をいう。

 

七十二候
初候

山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花(ツバキ科のサザンカ)が咲き始める

 

次候

地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める

 

末候

金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く

 

暦便覧

暦便覧』では立冬は「の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明されている。

の気配が初めて現れ始めて、いよいよくなる、という意味である。

立冬の趣旨・目的・役割・機能

季節

立冬は、立つ(「立」:季節の気配がたちおこる、の意)日として、暦のうえでは、が始まるころとされ、立冬の初日から立春2月4日頃)の日までがになる。

参考元:学研新漢和大字典

昔の暦は、秋分の中央、冬至の中央とみなしたので、両者の中間日となる立冬がの始まりとなった。

気象・気候・天候・天気
木枯らし

霜降の末から立冬にかけては、の到来を告げる木枯らしが吹き始める。

小春日和

小春とは陰暦10月の異称であるが、現在の太陽暦では11月ころに相当し、晴れた日にはのように暖かい日和(ひより)(=小春日和)になることがある。

植物(花・樹木)
紅葉

山野は紅葉で彩られる。

サザンカ(山茶花)

の終わりからにかけてサザンカが赤・白のきれいな花を開く。

立冬に関する習俗・風習・慣習・風俗等

酉の市(とりのいち)

紅葉狩り

七五三

立冬の位置づけ・体系

二十四節気のひとつ

立冬は二十四節気のひとつである。

二十四節気とは、1年を24等分(各15日)した季節区分で、次のとおり。

以下、月は太陽暦

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 30 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「暦―暦注―上段―季節を示す暦①―二十四節気」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 二十四節気
  2. 寒―寒の内(寒中・寒)
  3. 寒―寒の内(寒中・寒)―小寒
  4. 寒―寒の内(寒中・寒)―小寒―寒の入り
  5. 寒―寒の内(寒中・寒)―大寒
  6. 寒―寒の内(寒中・寒)―食べ物―寒中の水(寒の水)
  7. 寒―寒明け(寒の明け)
  8. 立春
  9. 雨水
  10. 啓蟄
  11. 春分
  12. 清明
  13. 穀雨
  14. 立夏
  15. 小満
  16. 芒種
  17. 夏至
  18. 小暑
  19. 大暑
  20. 立秋
  21. 処暑
  22. 白露
  23. 秋分
  24. 寒露
  25. 霜降
  26. 立冬
  27. 小雪
  28. 大雪
  29. 冬至
  30. 冬至―風俗・風習



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:暦―暦注―上段―季節を示す暦①―二十四節気 の位置づけ

現在のカテゴリ:「暦―暦注―上段―季節を示す暦①―二十四節気」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー